WordPress から Wix へ移行。リード増加、成約率も大きく改善|Wix パートナー 事例インタビュー

2015年からWixに特化したホームページ制作をおこなっている、株式会社ありのまデザイン の楢崎様。 コーポレートサイトから飲食店、個人事業の方のサイトまで幅広い実績があります。このたび請け負ったのは地域密着型の工務店様。 WordPressから Wix へのブログ移行を含む、リニューアルプロジェクト。 新しいホームページの公開後には問い合わせの数だけではなく、その後の成約率も上昇するなど、クライアント様のビジネスに大きな貢献があったのことです。その裏にはどのような秘訣があったのかお伺いしました。




Q: まずは楢崎様のお勤めになっている、株式会社ありのまデザイン 様の事業について教えて下さい。


弊社はホームページ制作を中心として事業を営んでおります。また、ホームページに付随するようなウェブ施策についてご依頼を受ける事がありまして、具体的には SEO対策、Googleマイビジネスのコンサルティング、あるいは求人サイトなどの運用などもサポートすることがございます。


なお、社名について聞かれることが多いのですが、「ありのままデザイン」ではなく「ありのまデザイン」としております。あえて一文字足りない名前にしており、それは完璧な姿を出すのではなく、なにか足りない印象を与えることで、人間らしさ、親近感を持っていただきたいという意図があります。



Q: もともと、Wix ではなく他の制作ツールを利用していたとお伺いしました。


はい、もともと私は WordPress を中心に制作をしていたのですが、プログラミング言語での構築や、WordPress 側の頻繁な仕様変更など、技術面で手間がかかるなという印象を持っていました。主に利用する制作ツールを Wix にしたのは、HTML や CSS を気にする時間を削減することで、クライアント様の要望をヒアリングするところや、コンテンツを検討することに時間を使いたかったからです。現在は、Wix でホームページ制作を請け負うケースが95%となっています。



Q: 今回手掛けた、佐藤工務店様の事業について教えて下さい。ホームページリニューアルに至った背景にはどのようなものがあったのでしょうか。


クライアントの佐藤工務店様は、埼玉県上尾市を拠点とし、近隣エリアのみで施工を請け負うような、地域密着の会社です。高性能な住宅を得意としており、気密や断熱性能、建材ひとつひとつにもこだわりがあります。また、エネルギー消費やランニングコストを抑えながらも、一年中快適な生活を送れる家屋を得意としています。


一方で、一般的なハウスメーカーの相場よりも高価格帯の住宅になるため、施主様にはなぜここまで坪単価が高くなるのか、きちんと理解していただくことが必要です。住宅購入検討者の方々は、多くの工務店やハウスメーカーについても並行して情報収集しながら、佐藤工務店様のホームページをご覧いただいているケースがほとんどでしょう。したがって、家の性能やスペックに加えて、注文住宅の考え方や施工実績など、信頼感や安心感を伝えることが大切になります。ホームページのリニューアルをすることで、このあたりを強化できないかというご相談がありました。



Q: ホームページのリニューアルに加え、すでにお持ちだった WordPress のブログ の移行作業もあったとお聞きしました。Wix に移行するにあたって、現場での課題はどのようなものでしたか。


佐藤工務店様はご自身でも手を動かしてブログ記事を積極的に執筆されており、その数は100記事を超えていました。トップページのデザインなどはゼロからリニューアルすることになりましたが、これらのコンテンツはトラフィックの流入も多かったため、現状のまま生かすことにしました。ただし、WordPress から Wixブログ に移行する作業は、私にとって初めての経験でした。実際にどの程度の工数がかかるのか、最悪すべてをひとつひとつ手作業にてコピーペーストする必要があるかもしれない、そのような覚悟はありました。



Q: 実際の移行プロセスでは、どのような苦労があったのでしょうか。


実は、手を動かしていくと、全く苦労せずに移行が終了してしまいました。いくつかの手順に沿って移行プロセスを進めていくと、ほんの数クリックで終わってしまったのです。数時間といっても、待ち時間がほとんどだったので、手を動かしたのは数分、数クリックにすぎません。その後はアクセス解析をしながら、Wix ブログ での表示が問題ないかをチェックするだけでした。